ワキガがきつい人は肉や脂質を好み、タバコやお酒を嗜む

わきがに効果的な食べ物

わきがに効果的な食べ物は

◆ わきがに効果的な食べ物はありますか?

男・彼氏のわきが治療 わきがに効果的な食べ物は存在します。ワキガがきつい人の特徴として、肉や脂質を好み、タバコやお酒を嗜むという傾向があります。これは偶然ではありません。脂質は皮脂の分泌を増やすことが多く、それが角栓などになり汗腺で詰まってしまうことが多いのです。そうすることで老廃物が溜まりやすくなり、最終的にそれらが酸化してワキガの臭いを強める原因になっていることが多いのです。そこで、わきがの臭いを抑えるには、お肉のような酸性の食べ物をしっかり中和することが重要です。そのために、アルカリ性の食べ物を意識して摂取することができます。

梅干しはアルカリ性の食べ物です。梅干しを食べていれば医者要らずだと言われるくらい、梅干しは強い抗菌力がありますし、血液を弱アルカリ性に保つ働きもあります。ただ、梅干しは塩分が非常に高いので、食べても1日2個が限度でしょう。減塩の梅干しや、塩分の少ない梅干しエキスなどを食べるのも効果的です。
メカブも効果的です。アルカリ性の食べ物でミネラル分が豊富ですし、食物繊維も多く、血液の中の中性脂肪などを整える、エイコサペンタエン酸など、不飽和脂肪酸も多いので、肉の食事が多い方にもあう食べ物と言えるでしょう。
緑茶も抗酸化作用が非常に強く、消臭作用にも優れていると考えられます。カテキンだけでなく、消臭効果が期待できるビタミンCやビタミンEも多く含んでいるのです。梅やメカブより、緑茶のほうが簡単に摂取することができますので、摂取のしやすさの点でも緑茶は非常に優れていると言えます。
酢に含まれるクエン酸も効果的です。体臭をダイレクトに抑えてくれます。特に黒酢が良いと言われていますので、1日1杯を目安に料理に入れたり直接飲んだりしてみることができるかもしれません。

ショウガに含まれているショウガオールには血行の促進作用があります。体をホカホカに温めてくれますし、良質の汗をかきやすい状態にもしてくれます。ショウガの香り成分のジンギベロールやセスキテルペンは胃を健康な状態に保つ効果があり、解毒作用や消臭効果もありますので効果的な食べ物と言えるでしょう。
ポリフェノールも効果的です。抗酸化作用として有名なポリフェノールですが、体内の酸化防止のために、健康に良いものとして、知られています。わきがは、汗となってでた時に匂いを発生させます。その時にポリフェノールを多く含む食べ物を食べることで、匂いそのものが軽減されるのです。主に野菜に含まれているものですが、各種ビタミンは、常在菌の繁殖も抑制することから、わきがには良い効果があります。
ひじきには、アルギン酸、カリウム、フコイダン、カルシウムなどが含まれていますので、ワキガ予防に役立つ食べ物であると言えます。そのほかにも、体によい、さまざまな栄養素を含んでいる食品です。炊き込みご飯やひじきの煮物など、ほかのアルカリ性食品と組み合わせて食べることもできるでしょう。


わきがを悪化させる食べ物

◆ 臭いの原因となる食べ物は減らしましょう

一方、わきがの臭いの原因となる食べ物を減らすことも大切です。いくら効果的な食べ物を採っても、悪いものを取り過ぎてしまっては本末転倒となってしまいます。これからご紹介する食べ物は、多く摂取しないようにしましょう。

まず、ラードやバターなど動物性の油脂です。ラードやバターというような動物性の油脂を多く摂取すると、皮脂腺やアポクリン腺を刺激してしまい、わきがや脇の臭いを強くする可能性が高くなってしまいます。チャーハンや餃子というような中華料理にはラードはかなり多く含まれますし、洋菓子にもバターは多く含まれるケースが多いことでしょう。脂っぽい料理は減らしていったほうが良いでしょう。

リノール酸が多く含まれる植物性の油にも気をつけましょう。リノール酸は血中コレステロールや中性脂肪を増やしてしまいますし、体内で酸化することで様々な臭いの原因となってしまうのです。この、リノール酸が多く含まれる植物性の油は、紅花油、ひまわり油、ごま油、なたね油などです。ただし、ごま油は体の中の血液をサラサラにするαーリノレン酸を多く含んでいるので、少量であればむしろ体臭予防に効果的です。リノール酸は、マーガリン、マヨネーズ、スナック菓子などにも多く含まれていますので気をつけましょう。これらの植物油を完全に避けるのは無理ですから、減らすように心がけることができます。

アルコールやにんにくにも気をつけましょう。アルコールやにんにくは摂取すると、臭い成分が汗と一緒に体外に出ますので、やはり体臭はきつくなりがちです。

最後に

◆ 食生活はバランスが大切

最後に、注意していただきたいのは、やはり、食生活はバランスが大切だということです。これらを多く摂取しても、バランスの悪い食事や、肉やタンパク質に偏った食生活をしていては効果的とは言えません。それで、ご紹介した効果的な食べ物を取りつつ、野菜と肉のバランスの良い食生活を心がけることが大切です。


まめ知識