自分がわきがかどうかチェックして、該当していたら病院で治療や指導を受けましょう

わきが発生のメカニズム

わきが発生のメカニズム

◆ わきがになる条件

男・彼氏のわきが治療 ”わきが”と聞くと周りも気づくほどの臭いを思い浮かべる方も少なくありません。不快な思いをさせてしまうことへの罪悪感や自分だけなぜ辛い思いをしなくてはいけないのかと思う人も少なくありません。でも体質だからしょうがないというわけでもありません。発生する条件がきちんとあり、そのメカニズムを知ると対処法も見えてきます。わきがはどのように発生するのでしょうか?その仕組みを見ていきましょう。


わきがを解明

◆ 人体にある汗腺を理解する

人は汗をかくことによって体温調整を図ります。しかし重要な器官が嫌な臭いを発生させてしまうことも事実です。汗には2種類あります。「アポクリン腺」と「エクリン腺」という2つの汗腺から出るものです。全身にある汗腺は「エクリン腺」の方で、こちらが運動した時や夏の暑い時に出る汗です。成分のほとんどは水分ですので、汗自体もサラサラの状態です。通常臭いはありませんが、疲労時にかいた汗は成分にアンモニアや乳酸が含まれますので、酸っぱい臭いに近い”汗臭い”と言われる臭いが出ることがあります。また腸や肝臓などの内臓機能が低下している時にも臭いが多少強くなることがあります。もう一つの汗腺は「アポクリン腺」です。こちらは脇の下や乳首、お臍など特定の部位の、特に毛穴の近くにある汗腺です。アポクリン腺は、エクリン腺と違い分泌されるのが、たんぱく質や脂質、脂肪酸などを含む成分になります。どちらかというと粘り気のある汗になり、この汗を雑菌が混ざり増殖することで発生するのがわきが臭になります。体毛付近にあるため汗が拡がりやすいためにわきがの臭いも拡がることもわきが臭を感じやすい要因です。また個人差がありますが、アポクリン腺が多い人や汗腺が大きい人もわきが臭が強くなることが確認されています。

◆ ”汗”と”菌” と”皮脂”が大きく関係する

脇の下には常時”菌”がいます。この菌がアポクリン腺から出る汗を栄養素にして分解するときにわきが臭が発生します。つまり汗自体は無臭なのです。ジフテロイド菌やコリネファーム菌と言われる菌があり、その種類によって臭いの種類や強さが変わることがあります。わきが臭には3種類あると言われていて、「硫黄臭」「スパイシー臭」「脂肪酸臭」があるとされています。またこの菌に加えて、アポクリン腺から分泌される”皮脂”も大きく影響します。体内の水分量を維持するために皮脂が保湿の役割を果たすので大切な分泌物ではあるのですが、この皮脂がわきが臭の原因の一つにもなります。思春期などの体内のホルモンバランスが大きく変化を迎える時や普段の食事が肉や乳製品などを多く食べる食生活の人は、より皮脂の分泌量が増えます。この皮脂がワキの下で酸化したり、菌によって分解される時により強い臭いを発します。これもわきが臭の大きな要因のひとつです。こうした菌や皮脂によって臭いが発生しますが、洋服を着ていることでもさらに菌が発生しやすい環境になります。そうです、洋服によって湿度が常にあり、菌が繁殖しやすい状態なのです。服を着ないわけにはいきませんので、こればかりはどうしようもありませんが、最近では通気性のよい洋服も多く販売されています。そういったものを活用する事でもわきが臭を強くすることを防ぐことが出来るかもしれません。

わきがはデリケートな問題

◆ メンタル面でのストレスもわきが臭を強くする要因になる

だれでも精神的にストレスを感じると身体に不調をきたすことがあります。実はわきが臭も例外ではありません。実際に大手化粧品会社が調査した実験からもそのことが裏付けられています。実験の内容としては、普段はすることのない動きを人前でするようにしてメンタル面へのストレスを与えるというものでした。そうしたところこの実験を受けた人の実に7割以上の人のワキの臭いが強くなったそうです。また脇の下の分泌量もはかり、メンタルストレスを与えなかった日と比べると、なんと脇の下の分泌量が2~4倍も増えていた人もいたそうです。このように実際の実験結果からも、ストレスとわきが臭には大きな関係があることが分かります。誰でも緊張したり極度の重圧を感じるなどすると心に大きな負担がかかります。ストレスを感じないという人はいませんが、できるだけ平常心を保てるようにメンタルトレーニングをしたり、自分にあうストレス解消法などを見つけるのもわきが臭を防ぐ対処法にもなります。

わきがは病気ではありませんので、健康面で体力が低下するとか命の危険といった不安や問題を抱えるわけではありません。しかし、自分で気が付かないうちに強い臭いが常に出ているために、周囲との距離が出来ているなど心の痛みが伴うこともあるので、非常にデリケートな問題ともいえます。発生のメカニズムを知っているなら発汗時にケアする事や精神的なストレスを抱えないようにも注意することが出来ます。


まめ知識