多汗症とわきがは全く違いますが、同時に併発することがあります

わきが治療と多汗症

わきが治療と多汗症

◆ 多汗症とわきがの違いとは

男・彼氏のわきが治療 多汗症はわきがではありません。この2つ全く違うのですが、後で触れるように、同時に併発することもあるので、間違う人がいるのかもしれません。この2つの決定的な違いは臭いか汗かです。わきがというのは独特の嫌な臭いがでてしまうことを指し、多汗症は汗が沢山でてしまう症状のことを言います。はじめに、多汗症に注目してみましょう。


多汗症について

◆ 多汗症の症状を抑えるには?

多汗症と言っても、原因となる病気があって起こる続発性多汗症と呼ばれているものと、明らかな原因がない原発性多汗症と呼ばれているものがあるようです。そして、汗腺にはエクリン汗腺とアポクリン汗腺の2種類があります。
エクリン汗腺は全身に分布していて、汗のタイプはさらさらで、臭いもほとんどありません。それに対してアポクリン汗腺は、わきや、おへその周りなどの局所的な場所に存在していて、汗のタイプは粘り気のあるもの、脂肪や鉄分、蛍光、質、アンモニアなどがその中に含まれているようです。色んな成分が入っているために、菌が繁殖しやすく、すぐにニオイが発生してしまうのです。この時、発汗を促進させる成分として見つかったのがアセチルコリンです。この成分が、多汗症とを引き起こしているようです。一般的にエクリン汗腺から多量の汗が出ることを多汗症と呼んでいます。原因は様々で、その多くが先天的なものではなく、緊張や不安など精神的な理由や、食生活・病気・ホルモンバランスなどの要因が発端になっていたりします。今現在、もし多汗症でなくても、今後長期に渡ってストレスを受けたり、困難な状況が続いたとしたら、誰でも多汗症になる可能性は潜んでいるといえます。

◆ わきがの人が多汗症を併発しているケースがあるので注意しましょう

ただし、現実問題として、わきがの人が多汗症を併発しているケースが多いので注意が必要です。これには理由があります。わきがはアポクリン腺の汗が、皮膚の常在菌に分解されることで臭います。もし、わきがの人が多汗症でもある場合は、この常在菌によって分解された汗に、エクリン腺から分泌された大量の汗が流れ込んでしまいます。この大量の汗が蒸発する時に、わきがの臭いを周囲にまき散らしてしまうのです。そうなると、わきがの臭いがその分強くなってしまいます。そのため、わきがの人が多汗症になると、わきがの症状としては重くなってしまうわけです。多汗症は、エクリン腺からの汗が大量に分泌されるだけで、この汗には臭いはありません。わきがのようなアポクリン腺からの汗は分泌されないのです。多汗症の人が、自分がわきがだと思いこんでいたけど、クリニックで診てもらったら実はただ汗臭いだけだったというケースもあるようです。そもそも、わきがは、多汗症とは関係なく遺伝するものです。思春期の頃にわきがが発生しないのであれば、成人してからわきがになると言うこともありません。

治療に関連がある

◆ 併発しているならわきがの治療が必要になる場合も

アポクリン汗腺から出た汗は皮脂腺から分泌された脂分が混ざると、嫌な臭いを発生させます。これは皮膚の表面についた雑菌と結合されると、低脂肪酸やアンモニアなどに変化して独特臭い臭いを発生させるのです。この臭いは、わきが臭と呼ばれています。多汗症とわきが併発しているなら、わきがの治療も必要になる場合があります。
例えば、塩化アルミニウム液を活用できます。汗を抑える成分は、塩化アルミニウムの他に、ジルコニウム、インジウム、バナジウムなどもありますが、 塩化アルミニウムは毒性がなく、安価に作れるため、他の制汗剤よりも好んで使われることが多くなっているようです。コットンやティッシュに塩化アルミニウム液を染み込ませます。それから、においが気になる部分に塗ります。基本は制汗剤となりますが、塩化アルミニウムには、においを抑える効果もあり軽いわきがの症状にも効果的です。病院での処方もしてくれますし、「オドレミン」という名前で市販もされています。他にも、手術を行う方法など様々なわきが治療の方法があります。

おさえておきたい点として、汗をおさえることで、わきがの臭いを抑えることができる場合があるので、わきがの治療と多汗症の治療には関連性が生じる部分もあります。
例えば、ボトックス注射を活用した治療があります。ボトックス注射とは、ボツリヌス菌由来の神経毒素複合体から、A型という毒素だけを取り出して作られた注射です。ボツリヌス菌の毒をわきの下に注射し、汗を出す時の伝達物質の分泌を抑えることで一時的に汗の量を減らします。主にエクリン腺の汗に働きかけることから、多汗症とわきがを併発している方や不安などメンタルの影響で出る汗に効果があります。ただし、わきがの臭いを抑える作用はありません。汗の量が減るためトータルでの不快感が減少するということになります。
症状にあったふさわしい治療を選択することができるでしょう。


まめ知識