アポクリン腺に含まれるタンパク質などの成分が常在菌に分解され、わきが独特のにおいを発します

わきが治療とアポクリン腺

わきが治療とアポクリン腺

◆ わきがの原因は、アポクリン腺?

男・彼氏のわきが治療 私たちは暑いと汗をかきます。1日に2リットル、暑い夏の時期は3リットルの水分が体外へ排出されています。しかし、すべての水分がわきから出ているわけではないです。腕からも、尿からも水分が排出されます。体のいろんなところから汗が出ているはずなのに、わきの臭いが目立つのはなぜでしょうか?皮膚は、目に見える部分から順に表皮、真皮、その下の皮下組織でできています。汗を出す汗腺や、体毛の根っこである毛根が存在するのは、皮下組織です。汗腺にはエクリン腺とアポクリン腺、そして皮脂腺があります。エクリン腺は全身にまんべんなく存在する、サイズの小さな汗腺で、体温調節のために汗を出す役割を持っています。私たちが普段流す汗のほとんどは、このエクリン腺から出るものです。エクリン腺は全身に存在する1平方センチに100個以上もある小さな汗腺で、主に体温を調節する役割を担っているようです。エクリン腺から出る汗の99%は水分で、残り1%に塩分や尿素、アンモニアが含まれています。99%が水分であるだけに、においはほとんどありません。一方、アポクリン腺は、大汗腺とも呼ばれるほどサイズが大きい汗腺です。またエクリン腺と違って存在する部位が少なく、アポクリン腺はワキの下や陰部、耳の中(外耳道)、肛門、乳輪など限られた部位に存在する汗腺です。汗は白っぽい色で粘り気があるのが特徴となっており、タンパク質・脂質・糖質・アンモニア・鉄分などが含まれています。これらの成分が常在菌により分解されることで、わきが独特のにおいが発生するようです。それで、わきがの最大の原因といわれているのが、アポクリン腺という汗腺ということになります。わきがの原因となる汗を出すのは、こちらの汗腺です。わきが体質の人は、この汗腺が通常よりも多いので、独特の臭いが生み出されてしまうのです。わきがの人の特徴としてよく言われているのが、わきに黄色い汗染みができること・脇毛が濃い・親がわきが・耳垢が湿っているなどです。これらは、すべてアポクリン腺が関係しているようです。黄色い汗染みについては、エクリン腺からの汗は無色なのですが、アポクリン腺からの汗は腐敗物が混じって、黄色くなりやすいので、わきに黄色い汗染みができやすいと言えます。濃い脇毛については、アポクリン腺は脇毛とセットであることが多いので、脇毛が濃かったり多かったりする場合は、わきがの原因となるアポクリン腺が多いということなのです。親のわきがについては、片親がわきがの場合、2人に1人の割合で、わきがになると言われています。これもアポクリン腺の多さが遺伝するということのようです。耳垢が湿っていることについては、耳垢が湿っている原因の一つに、アポクリン腺の分泌異常が疑われることが多いようです。これもやはり、アポクリン腺の多さと関係があるようです。内臓機能が追い付かないほど、偏った食生活が原因となって、汗の中にいろんな成分や、栄養が含まれていると、わきがを発症させる原因になることがあります。日本は、わきが発症率は他の国と比べると少ない国でした。しかし、わきが発症の多い国に共通しているのは、高カロリーと高脂肪の食べ物が主食となっている国です。日本人は和食がメインでしたが、近年食の欧米化と言われてきて、わきが発症率の高い国と同じような食生活が定着してきました。それで日本人もわきがに悩まされる人が多くなってきているようです。


迷ったら病院に相談を!

◆ わきが対策と治療とは?

このようにわきがの主な理由は、アポクリン腺にあることが分かりました。アポクリン腺は誰にでも存在し、皮膚の裏側に粟粒のような形状で並んでいます。誰にでもあるのに、わきが体質の人とそうでない人がいるのはなぜでしょうか?それは、その数と大きさに違いがあるためです。においの強い人は一般的にアポクリン腺の数が多く、ひとつひとつの粒も大きい傾向がみられます。数は生まれながら決まっており、大きさは男女ともに思春期を迎える頃に大きくなり、老年になると小さくなると言います。自分がわきがか気になっている場合でも慌てずに対処していくことができます。わきが対策をする上で無視できないアポクリン腺ですが、においレベルに応じて次のようなアプローチを考えてみるのも良いかもしれません。アポクリン腺から出る汗の量を抑えること・アポクリン腺から出る汗の質を変えること・手術によってアポクリン腺の数を減らす、または除去することです。最近は、まだ幼い子どものわきがに悩む親も少なくないと言います。思春期前の子供のアポクリン腺は成長途中のため、除去手術をしても再発する可能性があります。そのため子どものわきが対策としては、デオドラント剤やボトックス注射などでにおいを軽減する方法が良いかもしれません。迷った場合は、病院に相談して治療をすることができます。


まめ知識