わきがの症状の程度に沿った治療の流れをご紹介します

わきが治療・手術の流れ

わきが治療・手術の流れ

◆ わきがの治療法は実に様々です!

男・彼氏のわきが治療 わきがの治療法は実に様々です。わきがを根本的に治すには、においのもととなるアポクリン腺を取り除くことが一番なのですが、やはり、大切なのは、症状に合った治療を選択することです。早速,わきがの症状に沿って、治療の流れを把握してみましょう。どんな治療法があるのでしょうか。


軽度~中度の治療の流れ

◆ わきがの症状が軽度な場合の治療の流れ

わきがの症状が軽度な場合には、塗り薬や飲み薬でにおいを防ぐわきが治療を選択することができます。例えば、塩化アルミニウム液を活用できます。この方法の流れですが、コットンやティッシュに塩化アルミニウム液を染み込ませます。それから、においが気になる部分に塗ります。基本は制汗剤となりますが、塩化アルミニウムには、においを抑える効果もあり軽いわきがの症状にも効果的です。病院での処方もしてくれますし、「オドレミン」という名前で市販もされています。
さらに、臭化プロバンテリンを用いる方法もあります。流れですが、抗コリン剤という種類の内服薬を服用します。この薬は保険適用が認められています。汗の分泌を抑えることができます。しかしながら、副作用があります。口や目の渇きや尿の出が悪くなるのです。それで、継続的な服用はしない方が良いでしょう。
自律神経や精神面にはたらきかける飲み薬もあります。流れとしては、飲み薬を飲んで、においに対する不安や恐怖心を和らげます。そして、精神的な発汗を抑えるわけです。ただし、副作用があります。眠気やふらつきの症状が出ます。そこで、この種の飲み薬は、医者の指導のもとに服用するのが良いでしょう。

◆ わきがの症状が中度な場合の治療の流れ

わきがの症状が中度な場合には、例えば、ボトックス注射を活用した治療があります。流れですが、ボツリヌス菌の毒をわきの下に注射し、汗を出す時の伝達物質の分泌を抑えることで一時的に汗の量を減らすという方法です。主にエクリン腺の汗に働きかけることから、多汗症とわきがを併発している方や不安などメンタルの影響で出る汗に効果があります。ただし、わきがの臭いを抑える作用はありません。汗の量が減るためトータルでの不快感が減少するということになります。
さらに、電気凝固法という方法があります。流れですが、わきの毛穴に電気針を刺します。そこに高周波電流を通してわきの脱毛、皮脂腺とアポクリン腺の破壊を行います。わきがの治療と脱毛を一緒に行う方法です。

重度の治療の流れ

◆ わきがの症状が重度な場合の治療の流れ

直視下手術法という手術の方法があります。直視下手術法の剪除法の流れですが、わきの下を3~5cmほどを切開して皮膚を裏返すと、粒状に並んだアポクリン腺が現れます。その一つ一つを目で確認しながら取り除いていく方法です。この方法は、わきの片側を15分~20分程度で行い、アポクリン腺を確実に除去できるというメリットがあります。しかし、他の手術に比べると傷跡の長さが長いというデメリットがあるようです。
さらに、非直視下手術法という方法があります。非直視下手術法の皮下組織吸引法の流れですが、わきの下に1cmほどの穴を開け、そこから細い管を通してアポクリン腺やエクリン腺、皮脂腺などをかき出しながら吸い取ります。小さな穴を開けるだけなので傷口は目立たなく、剪除法より広い範囲にアプローチできるというメリットがあるようです。しかしアポクリン腺は直視下手術よりも残ることがあり、また根の部分が残っていると再発する可能性があります。

非直視下手術法という手術の方法があります。非直視下手術法の超音波吸引(治療)法は、皮下組織吸引法をベースにして改良された手術です。流れですが、超音波を発生させて、その熱でアポクリン腺など、汗腺を破壊しながら吸引します。皮下組織吸引法より効果が高いようですが、全てのアポクリン腺を取り除くことは難しいといわれているようです。また、火傷や皮膚壊死など合併症のリスクが全くないということはありません。
非直視下手術法の皮下組織削除法は、カミソリの刃と皮膚を押さえるローラーを組み合わせた専用器具を使うのが特徴となっています。流れですが、わきの下を1cmほど切開し、皮膚の表面をローラーで転がしながらカミソリ部分で皮下組織ごと削り、アポクリン腺やエクリン腺を除去していきます。傷口が小さいのに高い効果を期待できますが、術後はわきを1週間程固定する必要があり、回復するまで時間がかかるようです。また、この手術はドクターの高い技術が求められるので、皮膚に穴があいてしまうなどのトラブルもあるようです。
わきがの手術は様々で、費用や方法も病院によって異なります。同じ手術でも同じ仕上がり、同じ効果を得られるわけではないようです。成功もあればトラブルもあります。わきがの手術をすると無臭無汗になると思っているかもしれませんが、手術で全ての汗腺を取り除くのは不可能です。また、破壊した汗腺の5~10%は再生する可能性があると言われているようです。それでもアポクリン腺をきちんと取り除けていれば、ごく自然な体臭レベルになります。


まめ知識