細長い特殊な医療器具を使い、わきがの原因となるアポクリン汗腺を破壊し、吸い取る治療法

マイクロリムーブ法でわきが治療

マイクロリムーブ法でわきが治療

◆ わきがの治療のマイクロリムーブ法とは?

男・彼氏のわきが治療 わきが治療の中で、マイクロリムーブ法という治療があります。どのような治療なのでしょうか?注目されているわきが治療のひとつで、細長い特殊な医療器具を使って、わきがの原因となるアポクリン汗腺を破壊し、吸い取ってしまう治療法です。マイクロリムーブ法は、治療の中で、もっとも傷跡が小さいと言われる治療法です。完治する確率もとても高く、再発の恐れはほとんどありません。


長所と短所

◆ マイクロリムーブ法のメリットと、デメリットとは?

マイクロリムーブ法は、アメリカのストライカー社製のマイクロシェービングコンソーラーという機器を使用して、わきがや多汗症の原因となるアポクリン腺や、エクリン腺といった汗腺類を破壊する治療法となります。超音波法と比べると最新の方法というわけではありませんが、技術的には確立されている方法のようです。マイクロリムーブ法は、わきがを根本的に治療する外科的手術で、わきがだけではなく、多汗症も同時に治すことができます。手術と言ってもマイクロリムーブ法では、手術時に大幅な切開は必要としません。ほんの1~2cm程度切開し、専用の医療器具を使用して、患部のアポクリン腺と、エクリン腺を万遍なく粉砕することで除去していきます。マイクロリムーブ法は、異臭の原因となる汗腺を破壊することから、再発の恐れもありません。患部の固定は病院にもよりますが、早ければ3日、遅くても1週間ぐらいで大丈夫になります。そして、術後は通常固定を外すのと、抜糸で2回通院することになります。その後のアフターケアでは、専用のクリームを塗るだけです。マイクロリムーブ法は、使用する器具がとても細いため、切開も小さな範囲で済みます。手術ではわきの毛根も一緒に取り除いてしまうので、永久脱毛の効果もあります。わきがと、わき毛どちらも悩む人にとって、一石二鳥の治療法と言えるようです。しかし、わきの中にあるアポクリン汗腺は、外からは見えないので、執刀医が位置を当てることになります。ですから、経験豊富な医師、実績の多いクリニックを選ばないと失敗するリスクもあるようです。マイクロリムーブ法の治療の所要時間は、およそ1時間程度になります。また、マイクロリムーブ法に、保険は適用されません。ですから、治療費は約25万円~30万円前後と高額になります。マイクロリムーブ法は、切開の範囲も小さいので、体への負担が少ないです。ダウンタイムも短く、皮膚トラブルもほとんどありません。このように、簡単にわきがの治療ができてしまいます。しかし、大がかりなわきが治療である「剪除法」などに比べ、効果が低いのも事実のようです。クロリムーブ法は、アポクリン汗腺やエクリン汗腺を実際に目で見て、除去するわけではありませんので、100%完全に臭いがなくなるとは限らない、ということのようです。傷跡が目立つのはどうしてもいやだ、仕事や学校の関係ですぐに日常生活に戻らなければいけないという人には、良いわきが・多汗症の治療法と言えるかもしれません。そしてクロリムーブ法は、医師の技量に結果が大きく左右されるということもあります。なので、わきがの症状が重い方よりも、軽い方におすすめの治療法のようです。マイクロリムーブ法を検討している方は、自分のわきがの症状の度合いと、信頼できる医師がいるかどうかを考慮したうえで、決断するようにしたほうが良いかもしれません。わきがの手術にはマイクロリムーブ法以外に皮膚切除法や反転剪除法、吸引法や皮膚組織切除法、ボトックス法などがありますが、現在のところ、マイクロリムーヴ法が最も確実性があり、手術中も局所麻酔で傷みを感じることもありませんし、脇の下に1~2センチの傷跡ですから、ほとんど目立ちません。 腕のいいクリニックで施術すれば、男性でも腋毛を残して手術することが可能のようです。ただ、手術後の三日間は固定される腕のしびれや、浮腫みが出る場合もまれにあります。副作用としてはまれに、合併症が起こることがあります。ワキの下の微小な血管や、リンパ管から滲み出た成分が溜まり、腫れが生じる短期的合併症や、長期的合併症と言われている、ワキの下の皮膚が茶色くなる色素沈着が起こる場合があります。漂白効果のあるクリームが処方されますが、治るまでには、3ヶ月~半年くらいかかる場合があります。技術を要する治療なので、技術の優れた医師に治療してもらうことが重要になりますし、事前カウンセリングも大切です。汗腺を取り除くこと事態が後遺症などのリスクを高めてしまうので、マイクロリムーブ法を希望される方は、美容外科・クリニックのカウンセリングで、十分な説明を受け、慎重に検討してほしいと思います。僅かでも切開し汗腺を掻き出されるのが怖いという方は、レーザー法やミラドライ治療法などを検討してみるのも良いかもしれません。


まめ知識