内服薬や塗り薬、注射や高周波電流、マイクロ波や超音波エネルギー

いま注目の切らないわきが治療

いま注目の切らないわきが治療とは

◆ 切らないわきが治療

男・彼氏のわきが治療 わきが(腋臭)の治療には、軽度な症状の場合の塗り薬や飲み薬の治療や中度の症状には注射や電気凝固法などの治療が用いられてきました。しかし、重度の治療には手術が必要です。その手術の多くはいわゆる”切る”手術だったので、「怖い」「傷跡が残る」と感じる方が多くいました。しかし近年のわきが治療は飛躍的に進歩し、最新の技術が用いられるようになりました。それがいま注目されている「切らないわきが治療」です。わきがの症状によっても異なる幾つかの治療法があります。どのような治療方法なのでしょうか?幾つかご紹介します。


内服薬や塗り薬、注射や高周波電流

◆ 症状が軽度の方には”内服薬”や”塗り薬”による治療法

わきがの元ととなるのが汗です。そこでこの”汗”を抑える、つまり制汗剤や分泌を抑える薬が現在開発されています。例えば、「塩化アルミニウム液」という塗布剤は制汗剤として、また臭いを抑える効果を持つ薬剤です。においの患部への塗布が基本的な使用方法です。市販薬でも手に入りますが、病院での処方薬の方が効能をもつ薬の成分の含有量も多く効果が期待できるので、そちらをお勧めします。また多汗症の方によく使用される「臭化プロバンテリン」(薬名:プロバンサイン)は汗の分泌を抑える効能を持ちます。保険適用が利きますので、医師に相談しながら使用する事ができます。また、わきがに悩む人はにおいに敏感になり、そのことへの不安な気持ちや落ち着かない気持ちなど精神的な作用で発汗を促してしまうこともあります。ですから、精神面や自立神経に働きかける内服薬で不安ややわらげることでも発汗を抑えることが出来る場合もあります。薬はきちんとした使用方法で用いなければ効果は表れません。また人それぞれで効き方はもちろん、身体に合う合わないもあります。副作用の点でもしっかりと話を聞き、医師と相談してしっかりとした服薬、使用指導を受けることが大切です。

◆ 軽度~中度の方には”注射”や”高周波電流”による治療法

症状が進んでしまうと薬だけでは対応できなくなります。そこで注目出来るのが、「注射」です。特にわきが治療として用いられるのが、「ボトックス注射」です。美容治療などにもよく用いられる注射で、筋肉に作用します。ボツリヌス菌から抽出したいわゆる筋肉麻痺を起こさせる毒を、脇の下にある汗腺に注射してその活動を一時的に麻痺、停止させることで汗が作られなくなるようにします。治療としての効果も数カ月~1年とされています。その後は再び汗腺の動きが戻りますので、その点は注意する必要があります。費用面でも1万円からと低コストですし、施術時間も片方でわずか5分、両脇でも10分ほどと驚くほど短い時間で済みます。注射での痛みがあるだけで、それ以外の痛みはありません。低コストで安全せいにも優れている治療法といえます。またさらに「高周波電流」による治療法もあります。こちらは極細の電気針をわきの毛穴に差し、高周波電流を送り、脱毛はもちろん、わきがの原因ともなるアポクリン線と皮脂腺の破壊を行う治療方です。皮膚へのダメージがほぼないので、見た目にも傷が残ることが無いのはもちろん、一緒に脱毛も出来る点で新しい治療法として注目と集めています。再発率も大変低いことで好まれていますが、こちらは費用が30万以上の場合がほとんどですので、治療先でしっかりと説明を聞いてからが良いでしょう。

マイクロ波や超音波エネルギー

◆ 手術と同じくらいの高い効果が期待できる照射による治療法

高コストになりますが、「マイクロ波」や「超音波エネルギー」を汗腺部に照射する治療法があります。「マイクロ波」による治療は、わきの皮膚の上からマイクロ波を照射し、発生する熱によって汗腺の破壊を行います。汗腺は破壊されると再生することはありませんので、事実上半永久的な効果が得られる治療法と言えます。熱による軽度の火傷状態にはなるので、施術後は多少の痛みや腫れがありますが、1週間前後で落ち着いてきます。見た目にも火傷跡が残るようなことはありませんので安心できます。また「超音波エネルギー」の照射による治療法もあります。汗腺にはエクリン線やアポクリン線などがありますが、それぞれの汗腺の深層部、深さに合わせて高密度焦点によって熱損傷を与えて発汗を抑える治療法です。汗腺を破壊するわけではありませんが、一点集中的な照射によって大きなダメージを与えますので、高い効果を発揮する治療法です。

どの治療法も「切らないわきが治療」として多くの人が注目し利用していますが、コストや効果も様々です。自分に合った良い治療法を医師と相談して決めるなら、不安はもちろん負担なくわきがの治療を行うことができるでしょう。その場合にもしっかりとした治療施設を選ぶことも大切です。自分の悩みをしっかりと解決してくれる信頼できる医師のもとで悩みを解決していきましょう。


まめ知識