片親がワキガの場合、遺伝する確率は50%、両親の場合は80%と高確率で遺伝します

父がワキガ、自分も遺伝する?

父がワキガ、もしかして遺伝で自分も??

◆ 父のワキガは遺伝するの?

男・彼氏のわきが治療 ワキガは、遺伝するのでしょうか?自分が親になったときに、子どもが遺伝してしまうのではないか、と心配になる人がいます。自分がワキガでつらい思いをしてきた人は、子どもにも同じような嫌な思いをさせたくない、と思うかもしれません。しかし、残念ながらワキガは遺伝します。ワキガの原因は、脇に集中しているアポクリン汗腺という汗腺から分泌される汗です。アポクリン汗腺から出る汗は、通常の汗とは異なり、脂質やタンパク質を含んでおり、これらの物質を、皮膚の常在細菌が分解する時に発生する臭いがワキガとなってしまうようです。このアポクリン汗腺の量は生まれつき決まっており、その量は遺伝で決定するようです。ワキガの人は、両親や兄弟、親戚にもワキガの人が多いのかもしれません。なので、親や兄弟がワキガではないのに、自分だけがワキガになるということもあります。それは家族が臭わないワキガ体質なのか、おじいちゃん、おばあちゃんのワキガ体質が隔世遺伝したことが考えられます。つまりワキガ体質の家系であったものの、偶然親の代ではワキガ体質が遺伝しなかっただけ、ということになります。このような隔世遺伝の場合も、普通のワキガ体質と同じように、耳垢が湿っていたり、わきの部分が黄色くなったりします。


片親で確率が50%、両親の場合は80%

◆ ワキガ体質が遺伝する確率って?

片方の親がワキガの場合、その子どもにワキガが遺伝する確率は50%、両親がワキガの場合には80%もの確率でワキガになるようです。なぜそんなにも高確率で遺伝するのかというと、ワキガは優性遺伝するからのようです。優性遺伝とは何でしょうか?優性遺伝とは、優秀な遺伝子のことではありません。一組の遺伝子を「A」と「a」で表した時の組み合わせは、「AA」「Aa」「aa」の3種類になります。この3組のうち、「Aa」の組み合わせになった時、「A」と「a」の中間の体質が現れそうなものですが、多くの場合はどちらかに偏って現れるようです。「Aa」の組み合わせの時、「A」の体質が現れるのであれば、「A」は「a」に対して「優性」、反対に、「a」は「A」に対して「劣性」ということになります。この場合、「A」の体質は優性遺伝するということになるようです。ワキガ体質は「A」、「ワキガでない」が「a」になります。両親がどちらも「aa」であれば子どもはワキガにはなりませんが、どちらかに「Aa」がいると、子どもに受け継がれる遺伝子は「Aa」もしくは「aa」の組み合わせで、1対1の確率、ワキガ体質が50%の確率で遺伝する、ということになってしまうのです。簡単に言ってしまえば、ワキガ体質のお母さんと、ワキガ体質ではないお父さんが結婚した場合、子どもができた時にお母さんのワキガ体質が遺伝しやすいということになります。そして両親のどちらもワキガ体質の場合の遺伝の確率は、かなり高くなるのです。では、自分の子どもがワキガだと判断できるのは、いつ頃になると思いますか?ワキガの原因になるアポクリン汗腺の成長は、子どもから大人の体に成長する、第二次性徴の頃に活発になるようです。アポクリン汗は、わきの下や乳頭付近、耳の中、おへその周り、陰部などから出るミネラル分などを多く含む汗ですが、赤ちゃんの頃にはワキガの原因とされるアポクリン汗腺は活動しておらず、思春期になると活動が始まります。 ですから、第二次性徴は、男性で言えば9~13歳頃から始まるので、ワキガが発生するのは思春期以降ということになるのです。しかし現在、食生活や、運動不足、ストレスなどの環境の変化によって、ワキガ体質の低年齢化を招いているようです。特に肥満の子どもは、ワキガの症状が早く出始める傾向にあるようです。これは突然変異ではなく、いろいろな要因が重なって汗腺が肥大化するために起こります。アポクリン腺の量が普通の人よりちょっと多かったり、もしくはサイズが大きいという人は、このような理由がきっかけとなり、ワキガの臭いが発症してしまうことがあるようです。普段の食事が、から揚げやコロッケなどの油ものが多い人や、冷凍食品、スーパーの総菜を買ってきてしまいがちな人は、食事を改めるのも体臭を防ぐ一つの方法と言えるかもしれません。ワキガ体質が遺伝するという事実は、防ぎようがありませんが、ワキガ体質は病気ではありません。日本では、もとからワキガ体質の人は少ないとされています。人口から考えたとして、ワキガ体質の人は大体の確率でワキガ体質でない人と結婚することが多いことになります。ワキガが遺伝するということは、両親のどちらかも、ワキガで悩んでいた時期があるということです。ワキガについて知って、対策を講ずれば、誰かも迷惑になることもありません。思春期は、精神的にも不安定な時期ですから、自分の子どもがワキガになってしまったら、ぜひ早めに対策をアドバイスしてあげましょう。


まめ知識