わきがは感染症ではなく体質なので、触れた程度でわきがになることはありません

ワキガは性行為でうつる?

ワキガの彼氏との性行為でワキガがうつらないか心配

◆ わきがの匂いは、人にうつる?

男・彼氏のわきが治療 わきがの彼氏と結婚後の性行為でわきがのニオイがうつらないか心配する人がいるようです。確かに性行為では相手の身体と自分の身体は密着しますので、脇のあたりなど、相手の身体でわきがのニオイを発している部分も自分の身体と触れることになります。しかし、わきがは、感染症などではなく生まれつきの体質によるものなので、触れた程度でわきがでない人を、永続的にわきがにすることは、あり得ません。わきがの臭い物質が、性行為で相手の体に残れば、そこからわきがの臭いがすることはありますが、一度洗い流せば臭いは消えます。わきががアポクリン汗腺から出る汗によるもので、汗腺の大きさや数によってニオイを発するという原理からうつらないという結論に至るようです。では、それでもわきがが性行為でうつると言われるのはどうしてでしょうか?


臭いの元になる汗が体につく

◆ 相手のわきががうつらない理由とは?

わきがになりやすい人は、体質的な特徴があります。わきがになりやすい体質の人は、一般的な人に比べて、全身のアポクリン腺の数が多いようです。アポクリン腺は、動物の性的魅力のもとになるフェロモンと関係があると言われている汗腺で、特にわきの下、耳の中、陰部などに多く分布しています。アポクリン腺から出る汗は、皮膚表面の皮脂などと混ざり合い、常在菌に分解されると強い臭いを発生させるようです。これがわきがです。わきが体質の人は、このアポクリン腺の数が多いので臭いが強くなってしまうのです。性行為で臭いがうつるのは、この臭いの元になる汗がうつってしまうからです。皮膚の常在菌とは、どんな人の皮膚にも存在している細菌で、皮膚だけでなく空気中や衣服にもいるようです。今のところ、約200種の菌種が常在菌に指定されているようです。アポクリン汗は、アポクリン腺を持っている人からしか出ることはないようです。なので、相手にニオイが一時的に身体についてしまうことはあるかもしれません。しかし、わきがは体質なので、身体が触れただけで体質がうつることはありません。ただ、ニオイそのものについては相手に付着して相手の身体からわきが体質かのような臭いを発生させる原因にはなります。一度ついたら洗っても落ちないことがあるかもしれません。わきがのニオイの程度にもよりますが、2~3日ニオイが残り続けたという人もいるようです。しかし、アポクリン腺の数は生まれつき決まっていて、わきがの人との接触によってできたり増えたりはしません。なので、わきがが人にうつらないのです。なので、わきがは性行為でうつることはありません。ただし、わきがの臭いは汗と一緒に衣類にうつることがあります。わきがが強い人の衣類を、ほかの人の衣類にと一緒に洗濯すると、衣類すべてにわきがの臭いがうつります。加齢臭などと同じく、この臭いは洗濯用の芳香剤では完全には消せません。家族にわきがの人がいると、わきがの臭いは家族共通の臭いになってしまいます。これを防ぐには、わきがの人の衣類だけ別に洗うしかないかもしれません。消臭効果の高い洗剤にしばらく漬け置きしてから洗って、しっかりと太陽の下に干すのが良いかもしれません。太陽光線による臭いの分解効果は、かなり高いようです。また、同じカゴの中に、脱いだ衣類を一緒に入れておいても、臭いはうつりますから気を付けましょう。衣類の場合には臭いの原因物質が染みついてしまう危険がありますが、お風呂なら最後に全身をきれいに洗って出れば安心です。他人のわきがの臭いが肌に染みつくことはありません。このように、洗濯物を一緒にしたとしても洗濯によって、わきががうつることもないですし、プールやお風呂を共にしてもうつることはないのです。しかし、なぜ勘違いをしてしまうのでしょうか?わきの下は、汗腺類が多いので、皮膚の分泌も盛んな場所といえます。そして、わきの臭いは、その人が食べた食事の影響を受けたりします。それに、女性は、ホルモンバランスによってわきの臭いが変化する人もいるようです。また、妊娠や月経周期に合わせて、臭覚も変化することもあるのです。それで、自分のわきから普段は感じないような臭いの変化を感じることもあり、それに反応してしまうのです。このように、その日の体調や、食事の影響によって臭いを感じるかもしれないということです。わきがはそのままにしておくと、どうしても周囲に影響が出てしまうようです。わきがそのものがうつる可能性はないとは言え、一時的にでもほかの人に臭いがうつってしまうと、今度はその人が悩むことにもなりかねません。現在は優れたデオドラント商品や、消臭力の高い石けんなども充実していますので、上手に臭いを抑えられるかもしれません。それでもわきがの症状がひどい場合には、病院で診断を受けることができるかもしれません。わきがは周囲の気遣いよりも、本人の自覚が大切と言えるかもしれません。


まめ知識